投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. JA5YAP(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


政治放談を・・・・

 投稿者:ヒノマルメール  投稿日:2018年 5月16日(水)05時20分29秒
      Author:日野の光治様に、  ヒノマルより。
好き勝手に政治放談したり山歩きをしてみたりと、気ままに生きておられる
日野光治様に、一筆啓上です。山歩きは、今は駄目ですが、小生又政治談議
の大好きな「気ままに生きるヒノマルこと田中の公二」なので、一度、日野様の政治放談に接して見たい!!と切に思われお知らせします。宜しければ、御連絡を、と期待します。この件は、軍歌に直接のつながりは無けれども・・、
政治・外交は、軍歌の関連が大いに在り、につき、軍歌掲示板で御知らせします。 かなり?以前の掲示板記事の保存記録から、発見しましたので・・・。
tt-hclw@beige.plala.or.jp → 狛江市の暇人 田中の公二
電話は:管理人様か、ヒゴモッコス様におたずねを。
 

バナナ音頭

 投稿者:大東亞合唱團 団長メール  投稿日:2018年 5月 3日(木)15時10分0秒
  友人が歌詞を探しています。
昭和9年12月コロムビア新譜
歌手 赤坂小梅 作詞 台湾芭蕉実宣伝実行委員会 作曲 杉田良造
 

「ますらたけを」のおすすめ。[

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 4月19日(木)08時07分7秒
   22日の第58回、軍歌を歌い継ぐ会定例会が近づいています。これに関連して
軍歌「ますらたけを」への驚きの発見二つ、と希望一つを記します。
軍歌「ますらたけを」は、日清戦争の前に作られ好く歌われた数すくない?陸軍の軍歌」、来たれや来たれや、元寇、敵は幾万、凱旋などの仲間に入って、好く歌われてていた歌だとは書かれていましたが、そのメロディが小生が青年時代から長年親しんできた東京節=「パイノパイノパイ」のそれと全く同じだ、と知ったので実に愉快かつ驚きでした。次に、此の歌は普通の軍歌集に何故か殆ど全く掲載されていないので、偕行社発行の「雄叫び」にも「無いだろうか」と開けて吃驚、ちゃんと、来たれや来たれや、の次169頁に明治25年の作詞と、掲載されていたので、驚き、皆様にお知らせします!!。
この歌は、もともと米国の人気ナンバーワンの軍歌だったそうでなおさら愉快ですね。
この唄の楽譜は管理人様とヒゴモッコス様に渡して置きますので、来たる22日の第58回定例会の席上で
、是非皆様に合唱して見て頂きたい(^o^)と希望します。小生もこの際 よいチャンスなので参加したいところですが、生憎、当日は大事な予定が在り欠席し、次回を期し、蔭ながら応援をする側(がわ)(がわ)に立ちます。◎ 忘れられている名曲「なすらたけを」(実は米国の人気最大?だった軍歌=ジョージアマーチ)を愉しく合唱してください。この歌と「軍艦旗」(ますらたけを、の同じメロディで明治末年歌唱)も歌詞が素敵でおすすめです。「軍艦旗」の歌詞は3月1日付の軍歌掲示板掲示済みです。
※ 注意点、メロディは全く、同じですが、同じメロディの繰り返しが、東京節、では省かれている。それから 三番の歌詞  切り払う → 切り屠り・・きりほふり。が正しいと思います。
 

例会参加します

 投稿者:日野光治  投稿日:2018年 3月30日(金)00時39分13秒
  ご無沙汰しております。
例会参加する予定です。
よろしくお願いいたします。
 

お久しぶりです。

 投稿者:藤野メール  投稿日:2018年 3月27日(火)09時14分25秒
  例会参加します。
よろしくお願いします。最近は、都合が合わなくてすみませんでした。
 

参加します

 投稿者:野口  投稿日:2018年 3月26日(月)20時46分55秒
編集済
  ヒゴモッコス様

参加します。
よろしくお願いします。
 

第五十八回「軍歌を歌い継ぐ会」

 投稿者:ヒゴモッコス  投稿日:2018年 3月25日(日)13時21分16秒
  第五十八回「軍歌を歌い継ぐ会」開催のお知らせ   投稿者:管理人メール   投稿日:平成30年 3月25日(日)


   表記の件、下記のとおり開催します。ご参加の方はこの掲示板にその旨書き込むか松木までお知らせください。(松木メールアドレス hien9214@sky.plala.or.jp)


○日時
平成30年4月22日(日)12:00~16:30
○会場
偕行社3階会議室
東京都千代田区九段南4-3-7 翠ビル 3階
電話 幹事携帯 090-4448-3162
○会費
 三千円 お茶、ビール、コーヒー、清涼飲料などを用意します。
○内容
キーボード伴奏による軍歌・戦時歌謡の独唱、合唱
歌集「雄叫」(平成23年3月10日改訂版)お持ちの方はご持参ください。
なお、今回は講師によるお話はなく、途中1時間程度皆さんで懇談される
時間を取りたいと思います。

終了後二次会を天狗にて行います。会費二千円を予定しています。

 

名曲?「軍艦旗」発見    名曲?「軍艦旗」発見!!                     

 投稿者:ヒノマルメール  投稿日:2018年 3月 1日(木)19時59分29秒
         明治初年のいくさ歌 軍艦旗  発見!!
 パソコンで調べてゆくうちに、有難くも 発見しました。メロディは完全に 「ますらたけを」と同一です。
       軍艦旗(明治37)       東京節で唄います。
 1 高檣(マスト)に閃く 旗こそは             閃く ひらめくと読みます、
     いとども畏(かしこ)き 天皇(すめらぎ)の
  たまひし賜物(たまもの) 疎略(おろそか)に
     ゆめな 汚(けが)し そよ
  我君の 御威(みいつ)載せ
  我國の 保護(まもり)負ふ
 軍(いくさ)の艦(ふね)たる 章(しるし)なれ
        ゆめな けがし そよ
2 高檣(マスト)に閃く 旗影(はたかげ)は
   さすがに輝く 日の本の
  軍艦(みふね)と見る者 先づおそる
      ああ 勇ましやな
  青海の つづく果て
  白波の かよふ國
 何處(いづこ)も射照す しるしなり
    ああ いさまし やな

※ 原曲:南北戦争時代の「ジョージア進軍行進曲」
※ 異名同曲: 軍艦旗(明治37) ますら武夫(明治25)
         パイのパイのパイ(東京節)
       次に
半ば、ワタクシゴトながら、軍歌が主なる歌唱の会間のでこの場を借りて
紹介します。(第2回「明治の頃の唄をたのしもうかい」を3月25日午後
狛江市西河原公民館で。“演歌・軍歌・唱歌を”。資料代200¥定員10名
締切20日、若い人歓迎)、以上( )内が「市の広報誌での掲示」です。
“演歌・軍歌・唱歌を”。と言っても、軍歌が殆ど。アカペラです。
 

歌詞の脱落を補正します。

 投稿者:ヒノマルメール  投稿日:2018年 2月16日(金)13時57分55秒
   下記の 大アジヤ獅子吼の歌 の歌詞で、④蟠の終わりの 数句が うっかり抜けていtたので
お詫びして  補正します。

 ③ あけぼのぞ よきおとずれぞ 荒れ野なる眠れる獅子よ 目ざめよや 吼えよ奮えよ いざ挙れ、アジヤは一つ 日を印(シル)す 御旗のもとに
 ④ 我が呼ぶは 十億の民  鉄あらば そを持ちて起て 石あらば そをとりて打て
とりかえせ アジヤのアジヤ  もろ共の 栄えのために
⑤  八紘(アメノシタ)宇(イエ)となすべき すめ御稜威(ミイツ) すめ御光(ミヒカリ)に
  わざわいの 雲はらうまで 神怒(イカ)る アジヤの敵を 撃ち撃ちて 撃ちてしやまむ

「とりかえせ アジヤのアジヤ  もろ共の 栄えのために」を挿入でした。


 

大アジヤ獅子吼の歌と想い出

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 2月13日(火)07時39分4秒
  大アジヤ獅子吼の歌という「アジアの人を励ましながら歌う素晴らしい唄があり、軍歌通でお名前
とどろかんばかりだった練馬の暇人様のおかげで私はこの唄を知り、感動し練習し大さぼり中の中で、定例会に出席し暇人様と並んで、この名曲を熱唱、合唱できて感激でした。それで、最近分かった事を記します。まず、発表当時の、曲名は、アジア、でなくアジヤ、と書かれていた事、長田暁二著の歌詞集では四番に誤りが三か所あり、五番が記載されていません。資料によって正解が判明したので、以下に紹介します。長いので、一、二番は省略して 三番から。 (^o^)   (^o^)

③ あけぼのぞ よきおとずれぞ 荒れ野なる眠れる獅子よ 目ざめよや 吼(ホ)えよ奮えよ
  いざ挙れ、アジヤは一つ  日を印(シル)す 御旗のもとに
④ 我が呼ぶは 十億の民  鉄あらば そを持ちて起て 石あらば そをとりて打て
   長田氏の著書では 石、が意志、に、又、そを の 二か所を、此を、と 此の字を使用、
⑤ 八紘(アメノシタ)宇(イエ)となすべき すめ御稜威(ミイツ) すめ御光(ミヒカリ)に
   わざわいの 雲はらうまで 神怒(イカ)る アジヤの敵を 撃ち撃ちて 撃ちてしやまむ
詩人大木敦夫の素晴らしい作詞だと思います。折々にでも 定例の会で 合唱熱唱していただきたいと思う次第です。 (^o^) メロディも実にようく できています。作曲は園部為之という方
でした。獅子吼は  ししく  とよみます。
 

歌唱 希望します、

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 1月18日(木)15時30分47秒
  2月24日の新年歌会初め(第三回軍歌座談会)らしく愉快に盛り上がることを祈ります。小生は
残念ながら聴力不良のため、不参加にまわりますが、一応の希望曲を 一曲記します。
楽譜は 日本軍歌全集 音楽之友社 長田暁二著の275頁にあり。短いがすごく力強い名曲です。
   起ち上がる日本(昭和二十年九月)九月です、七野 稔作詞 市野源一作曲
一、戦(たたか)ひ果(は)てて 荒涼(こうりょう)の
  焦土(しょうど)の中に 叫(さけ)ぶもの
   いかでか倒(たお)れて 止(や)むべきや
     いかでか倒れて 止むべきや
二、茨(いばら)を負(お)ひて 振(ふ)る鍬(くわ)の
  燃(も)ゆる我等(われら)の 祖国(そこく)愛(あい)
  いかでか倒(たお)れて 止(や)むべきや
     いかでか倒れて 止むべきや
三、歴史(れきし)はここに 三千年(さんぜんねん)
  ひとたび土(つち)に まみれても
  いかでか倒(たお)れて 止(や)むべきや
     いかでか倒(たお)れて 止(や)むべきや  七野 稔氏は名古屋あたりの人のようでした。なおまた
欲をいえば「新日本建設の歌」も普及させたい唄で、この唄はヒゴモッコス会長殿が御存じの曲で、復員船元「雪風」の中で、つくられ 歌われた歌です。
 以上の、二曲は、軍歌愛誦者の中でも 多分 殆ど知られていない名曲だろうとおもわれます。
 

唄の力を知っていた日本人は

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 1月18日(木)14時19分29秒
  日本人は、昔より 言葉の力、唄の力を  知っていて、 実地にもよく 活用してきました。大伴の家持の 一族に与え励ました「海行かば、・・」の唄があり、紀の貫之の「古今和歌集かな序」の一句「力をも入れずしてあめつちを動かし目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ男(をとこ)女(をむな)の仲をもやはらげ猛きもののふの心をも慰むるは歌なり」は良く知られている。降って 鎌倉時代の初め、将軍 源の実朝の歌にも「時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめたまへ.」があり・・日本人は唄の力を尊んだ。
 宮中では、毎年 おん歌会初め、の行事が行われている。さても、1868年、明治、
諸々の外国勢に囲まれた明治の人は、偉かった。 国民啓蒙の為、何はともあれ、唄の力を、と考えた。 清国との戦争が避けられぬ、 目前必至の情勢下では、国民意識の啓蒙と激励のために、五つの唄を国民に歌わせた、即ち、皇国の守り(来たれや来たれ)、
ますらたけを、敵は幾万、元寇、凱旋、である。中でも強調したいのが、最後の
「凱旋」という歌である。開戦より三年も前の明治25年、仮想敵国と交戦し、勝利を収め凱旋しているところが、面白い、日清戦後、大ヒットした。明るい旋律は戦勝気分にマッチして、凱旋勇士を歓迎するムードにピタリと合って大流行した。明治41年生まれの母は、口癖のように一番だけですが、楽しそうに口ずさんで、歌っていました。私は昭和2年の生まれで、耳にタコが出来るほど、「ああ、また・・」と思うほど日頃気軽にこの唄を口ずさんでいました歌詞はつぎのとおい
「あな、嬉し 喜ばし 戦い 勝ちぬ~ 百千々(ももちぢ)の仇(あだ)はみなあとなくなりぬ
心地よや 心地よや  この勝ちいくさ~  いざ祝えいざ歌えこの勝ちいくさ」
明治25年、まだ開戦にはならぬ前に、 勝利の唄を 作ろうと 企画し依頼した人も人物ですが、 それをうけて作詞 作曲した人も、偉いものです。更に、時を経て、シナ大陸において、米英オランダ、ソ連等々の西洋諸国の執拗な干渉を受けて、わが日本が
国歩艱難の折からは、「愛国行進曲」や「愛国の花」という
美しく高貴な準国歌を作り 殆ど全国民が1億人が唱和して、こころを一つにした
 

戦闘歌

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 1月16日(火)12時49分31秒
  1月11日つけで「お願い」と掲示板にだしました「明治時代につくられた軍歌は,おかげさまで
下記のように、 判明しましたので、報告します。日清戦争が終わった頃つくられたそうです。
「戦闘歌、高等 師範学校付属音楽学校教授鳥居忱作詞
節は、「結んで開いて」のメロディで。  二番まであり。一番は
『見渡せば 寄せて来る  敵の大軍  面白や
 スハヤ戦闘(タタカイ)  始まるぞ イデヤ人々攻め崩せ
弾丸込めて 撃ち倒せ  敵の大軍  撃ち崩せ


 

「 お願い「結んで開いてのメロディ」で ?

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 1月11日(木)20時01分55秒
  明治時代のお話ですが・・・以前この掲示板で 話題になったことなので、
管理人様、大東亜合唱団様、ヒゴモッコス様、外、この道の諸先輩の方々に御存じの方おられたら、この掲示板上で、御教示お願いしたく思います。今は彼の世に旅立たれた、亡き練馬の暇人様には、直ちに明快なお答えが出るかもしれない、ことですが・・練馬の暇人様の御他界は残念なことでした。   お尋ねは 簡単なことではありますが、
幼稚園レベルの良く知られた「「結んで開いてのメロディ」はフランス?のルソーの作?作詞作曲?だそうですが、それはともかくとして、明治時代にはこの曲のメロディで軍歌の歌詞が付けられて一応は、こう歌われたらしい、と云う事でこの掲示板でにぎわった記憶在り、読んだ記憶あり、・・・見わたせば云々という唱歌の歌詞もあるようですが、・・・軍歌としての歌詞、もつけられたようで、 その歌詞と所載の書名「たとえば大東軍歌」や時期とか、いうような・・」事が、わかれば、有難いのですが・・。大分さかのぼれるようなので、
別に、軍歌掲示板を辿って遡り、探して見ようとは、思いますが、上記お三方で御存じの方あれば、・・と思い、 とりあえず掲出致します。大分前 大東亜合唱団様より頂いた
大昔の発売の古本「大捷軍歌」と云う本には在ったかもですが、整理下手で、何処に在るか、不明で、何時発見できるか?なため、お尋ねします。
 

チアガールを越える

 投稿者:大東亞合唱團  投稿日:2018年 1月 6日(土)06時00分16秒
  大和撫子の意気を感じました。

https://www.youtube.com/watch?v=SjnqWLfY4P8

 

ご案内

 投稿者:大東亞合唱團(松木会長様代理)  投稿日:2018年 1月 2日(火)15時14分14秒
                                                    大東亞公報第001號
                                                    平成30年1月2日
歌い継ぐ会皆様へ

      新年歌会初め(第三回軍歌座談会)について

皆様、明けましてお目出度う御座います。
旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いします。
さて、標記につき下記の通り開催致しますので奮って、ご参加くださいますようお願いします。

                                      記

日 時:平成30年2月24日(土)10:00~17:00
会 場:Lounge-R 東京都港区六本木三丁目8-7
              パルビル2F
交 通:地下鉄・六本木駅より徒歩約五分
会 費:4000円
その他:一品持ちより従来通り
アクセス https://www.youtube.com/watch?v=ObuvsVOBIBo
出欠は、松木会長宛メール又は、書き込みでお願いします。
 

いくさ唄が多いので、

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2018年 1月 2日(火)12時41分40秒
  ・・・・(愛国行進曲こそは最高の軍歌です。愛国行進曲を第2の国歌にして歌いましょう!!!
 いよいよ今年は明治150年、ですが,日本丸の舳(へさき)には多事多難の状況です。そこで
時流に乗るわけではなく、小生青年時より現在まで好きだった唄々、明治時代の人が考えうたった唄々を、皆様と一緒に歌い楽しみながら日本近代史を学ぶ集いを持ちたいと考えました。それで、  次のようにご案内します。  題して、 “明治人讃歌の集い” (^o^)    (^o^)
1月28日 2時~4時(隔月最終日曜日)狛江市西河原公民館2階学習室で, 会費200¥
 会場(℡03-3480-3201)はバス停「福祉会館前」のすぐ前に在り、駐車場も地下に在り、
 内容(唄)は明治15年~昭和15年の間、明治生まれの方々が、扱い斉唱又は流行した唄が中心で、 かなり、いくさ唄が多い、ので、この場を借りて 広報します。  予定の唄々は
君が代:愛国行進曲:星条旗:仰げば尊し:勇敢なる水兵:来たれや来たれ:ますらたけを
東京節(パイノパイノパイ):元寇:星の界(ヨ):橘中佐:凱旋:敵は幾万:ノンキ節:戦友
軍艦行進曲:青島(チントウ)節=ナッチョラン:真白き富士の嶺(ネ):雪の進軍:四季の歌:等々、で、要するに、明治人の作った唱歌・演歌・軍歌(いくさうた) ですね。 (^o^)
アカペラ無伴奏、が中心ですがハモニカの助っ人は歓迎です。上記の曲名・は、一例です。
本心は明治の演歌をもっとよく知りたいんで、同好の同志を期待 (^o^)しています
。※:“星条旗”は米国への敬意と感謝を示します。
今回は時間内に全部はやれないかもしれませんが、第二回を3月25日に、同じ会場同じ趣旨で予定しています。飛び入りも構いませんが若干の都合もあり参加の方は御一報を期待です。℡03-3489-7307よろしく。
追伸 二つ(^o^) ① 「愛国行進曲」を第二の「国歌」に、と唱えた方が「史の会誌」におられましたが、全く同感で、素晴らしいアイデアです。此の歌こそ明治人の作り出した名曲だと思います。② 米国は建国以来、罪深く、悪業もかなりのものでしたが、我が国、開国以来、明治の唄
の啓発・指導の面で米国人から受けた恩恵:実はさまざま莫大であった事、最近知り、米国国歌の星条旗のメロディもとても大好きなので・・「星条旗」も入れました。(^o^)
 この第1回は市の広報に出せなかっらので、知人20名に案内、従って参加者少数の見込み。(^o^)
厳寒の候、辺鄙な場所ですが・・どうぞ奮ってご参加ください。(03)3489-7307 田中
 

二三番の歌詞の追加です。

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2017年12月23日(土)14時35分12秒
  ※: 二番、三番の はじめは
一番の前半の《日の出だ~鐘まで》と 同じ句、で繰り返し、で、以下のようになります
二 《 ~~ 》 皇后陛下 おだいじに みんなみんな涙で
ありがとお日さま 皇太子さま お生まれなった
三 《 ~~ 》日本中が大喜び みんなみんな子供が                                                                                                                                                                                                                                                前の掲示で「皇太子様お生まれなった」という唄の歌詞、一番だけ紹介でしたが、、二三番歌詞は
 ほんの少しなので、次に 追加 転記します。当時の昭和8~9年頃の、国民の喜びが伝わって来るような歌詞なので・・・。                               ※: 二番、三番の はじめは
一番の前半の《日の出だ~鐘まで》と 同じ句、で繰り返し、で、以下のようになります。
二 《 ~~ 》 皇后陛下 おだいじに みんなみんな涙で
          ありがとお日さま 皇太子さま お生まれなった
三 《 ~~ 》 日本中が大喜び みんなみんな子供が                             うれしいなありがと 皇太子さま お生まれなった
                          以上です。



 

天長節と皇太子様お生まれなった

 投稿者:ヒノマル  投稿日:2017年12月23日(土)11時28分28秒
    天長節と皇太子様お生まれなったという唄について。今日は敗戦前の“天長節”=天皇誕生日、、いわゆる軍歌以上に軍隊に関連深い唄なので、敢えて此の掲示板で失礼しますが、簡潔明快な歌詞と調べ=メロディも単純で、大変優れた名曲だと思われます、明治26年 (黒川真頼 作詞,奥 好義 作曲)
   今日の吉(よ)き日は大君(おほきみ)の。うまれたひし吉(よ)き日なり。
   今日の吉き日は みひかりの。さし出(で)たまひし 吉き日なり。
    ひかり遍(あまね)き 君が代を。いはへ諸人(もろびと) もろともに。
   めぐみ遍(あまね)き 君が代を。いはへ諸人(もろびと) もろともに。 メロディは
     1行目と2行目の歌詞は同じ、で3行目と4行目の歌詞もやはり同じです。歌っていると
 「明治の心」が伝わってきます。? (^o^)  次に 「皇太子さまお生まれになった」という題の唄の一番だけ →紹介します。小生は小学校の一年生の時無心に唄ったような記憶があります。
今上天皇は女子ばかり誕生の後、唯一男子としてお生まれだったせいか、大変な祝福の中でお生まれになった、その点では、日本歴史の中で希有な御存在でしょう。 では歌詞を
       北原白秋 作詞 中山晉平 作曲。昭和 8年  3番までありますが、・・・
1、 日の出だ日の出に 鳴つた鳴つた ポーオポー
        サイレンサイレン ランランチンゴン
               夜明けの鐘まで
      天皇陛下お喜び みんなみんなかしは手
            うれしいな母さん 皇太子さまお生れなつた。
  以上、 二曲とも、心あらたまる実に美しいメロデイと歌詞なので、どうぞ
You Tube で天長節と此の「皇太子さまお生まれになった」、御試聴をお勧めします。

 

ご心配頂き感謝

 投稿者:少国民  投稿日:2017年11月26日(日)16時41分54秒
  管理人様 お励まし有難うございます。
この欄の主旨とはズレてしまうので、詳しくは書けませんが、
ALSと言う病気で、82歳で発症するのは極めて珍しいようです。
永い間本当に有難うございました。
 

/51