teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


He70

 投稿者:ECM  投稿日:2018年10月 1日(月)14時30分51秒
返信・引用 編集済
   トップ絵を流用ですがHe70に更新しました。
 出現当初は戦闘機よりも速かったのですけど、第二次大戦開戦時には旧式化していたという。

http://ecmp.web.fc2.com

 
 

Re: 悲しいけどこれが戦争なのよねえ

 投稿者:ECM  投稿日:2018年 9月23日(日)13時04分15秒
返信・引用
  > No.3411[元記事へ]

ひろぞうさんへのお返事です。

 アフターバーナーだけでなく、燃料ポンプの問題かもしれません。
 富士T-1Bのエンジンを日本で開発したときに、エンジンはできましたがアクセサリーの燃料ポンプができなかったそうです。
 どんな状態でもエンジン止めずに最適な量の燃料を供給するのが難しいという。
 最初アメリカに作ってもらった燃料ポンプを使い、後から国産化したそうですけど。
 ジェット機の有効な戦闘方法もわからない時代に、手探りで戦法を作り出すのは大変だったでしょう。
 レシプロ機から転換訓練を受けても、ついスロットルを急に動かしたり、横滑りさせたりしてしまうというのが、身に着いた習慣の恐ろしさです。
 物量のアメリカやソ連相手に戦争始めたのがそもそもの過ちかもしれません。

http://ecmp.web.fc2.com

 

悲しいけどこれが戦争なのよねえ

 投稿者:ひろぞう  投稿日:2018年 9月23日(日)12時21分17秒
返信・引用
  当時アフターバーナーないから、その特性生かした戦法
高速性を落とさない操縦求められるんですよね
再加速大変だし、旋回競争やっては勝てないから
その機体特性を理解して、その操縦技量がある奴なんて
当時一握りになっていたのがもう機体性能勝負の段階は過ぎているって感じで。
雲霞のごとく押し寄せてくる連合軍相手にはなあって感じで。
東からはぼろっこ乱造のT34本当に本当に雲霞のごとく攻め寄せてきてるしで。
 

Re: (無題)

 投稿者:ECM  投稿日:2018年 9月23日(日)07時26分10秒
返信・引用
  > No.3409[元記事へ]

ひろぞうさんへのお返事です。

 連合軍の物量にはかないませんよねぇ。
 ドイツがいくらがんばって多少撃墜しても、それをものともしないだけの数があるという。
 Me262には加速が悪いという欠点や、運動性が良くないという欠点をつかれると、どうしようもないという。
 急加速しようとして、スロットルを急に動かすとエンジンが止まってしまうし、後ろにつかれて機体を横滑りさせても、エンジン止まってしまうという、レシプロ機では当たり前の動作ができないのが困ったものです。

 米軍も最初は白昼堂々と爆撃機のみで爆撃していたのですが、航続距離の長いP-51やP-47が護衛につくようになってからは、ドイツも苦戦するようになるという。
 高高度戦闘機として開発されたものが、低空でのMe262離着陸護衛に使われるのは、仕方がないにしても残念な結果です。

 日本でも硫黄島が占領されてからは、戦闘機の護衛がB-29に付くようになって、双発戦闘機などは出撃できなくなります。
 末期には本土決戦用に戦闘機を温存するために、敵が来ても出撃しなくなりましたが。
 B-29が末期には500機くらいで、本土を空襲するようになってきて、手出しもできないという。

http://ecmp.web.fc2.com

 

(無題)

 投稿者:ひろぞう  投稿日:2018年 9月22日(土)20時33分28秒
返信・引用
  フリッツで動態性能最高になったと書いたのは
グスタフにしたら搭乗員に不評の嵐じゃないですか
「フリッツの方戦闘機のがいいよ」って
で戦局悪化してくると整備士も素人ばかりになって補給も細くなる
「形だけ一緒で性能自体はどんどんさがっているわ」で
ドイツでさえそうですからねえ、我が国なんて考えるべくもない。
国家の全能力を投入する「総力戦」の前にはロマンも情緒もない。
だから262投入されても連合軍あわてない
「マスタング、スピットファイアでもう押し切れるわ」
タイガー鬼のように強くても、直協支援でヘットアタックすればいいよって。
国家を上げた総力戦の前には一切のそんな甘さを許さないって感じですね。
 

(無題)

 投稿者:ひろぞう  投稿日:2018年 9月22日(土)19時34分33秒
返信・引用
  稼働率ででの換算ではどう楽観的に見積もって一割五分
場合によっては5パーセントだろなんて換算値もありますし。
ガソリンなくて腹が減っては戦はでぬで
学徒動員ののってるのが素人ばかりだし。
こっちの本土防空戦も絶望ならあっちは負けが込んでるから西部戦線と東部戦線で挟撃されてるから
もっと絶望的、ハンガリー押さえられたら、ドイツ本国で原油でないよで本当にお先真っ暗って感じで。
川崎のライセンスは形だけ一緒って、ぼろっこすぎて急遽五式戦作っている有様ですし。
メッサーのKもながっぱなもカタログスペックで、実際には多少連合国の新鋭機に劣る程度らしかったんですが。
それは一騎当千の搭乗員が乗れば、松山の剣みたいに鬼神のごとく活躍しちゃう訳で。
誉は中期ひどくなったんですが後期は量産の中島の血のにじむような苦労で持ち直したんですが。
機体性能どうのこうの考察するのは私たちのロマンであって、戦争は総力戦はそんな甘い物ではないと言ったところですね・
 

置き換え

 投稿者:ECM  投稿日:2018年 9月22日(土)12時43分26秒
返信・引用
   Bf109KにすべてのBf109を置き換えようと空軍は考えていたそうです。
 なにしろG-10と同じエンジンならKのほうが20Km/h(高度7,500m)速いので、同じエンジンを使うならK型を選択するでしょう。
 まあMe262ができていたので、レシプロ戦闘機そのものがMe262の離着陸護衛にシフトしていたし、末期の混乱で資料があいまいになっているのですが。
 1200機という数字は大げさにしても、これまで考えられる数より多かったかなというところでしょう。
 日本のエンジンはDB601のライセンス生産したハ40にしても熱田にしても、稼働率は似たようなものだったそうです。
 エンジンそのものは川崎のほうが出来がよかったそうですが、整備が海軍のほうが良くて、稼働率は似たようなものだったそうです。
 一つは日本は水冷エンジンの整備に慣れていなかったためもあります。
 ドイツでも砂漠では稼働率が下がっていて、エンジン不良で墜落する機体もあったそうです。それからいくとニューギニアなどの戦地でエンジン不良がおこるのは当然といえば当然なのですが。
 三式戦にしても、彗星にしても結局空冷エンジンに付け替えてますしね。
 水冷エンジンに限らず日本は誉エンジンも性能が額面割れしていたりしましたから、日本の技術力はその程度だったのかもしれません。

http://ecmp.web.fc2.com

 

空軍省の本命がなあ

 投稿者:ひろぞう  投稿日:2018年 9月22日(土)11時15分33秒
返信・引用
  空軍書の本命としてながっぱなのほおされている時期ですし
エンジン自体は被ってないんですがもうその時期にはダイムラーベンツの工場なんて
でっかい分B17とか間カスターに全部ぼかちんされているじきだと思うんですよね。
これでながっはなの方もエンジン選定二転三転するので
空軍省の判断としては「手堅くグフタフ作ってろよ」「フォッケは足りない高高度性能はまだ作れるエンジンで補うけど」「メッサー社としても社運を262の方にかけている」
紫電改も大体生産開始から1年終戦で400しか海軍に引き渡してないじゃないですか。
とすると1200は難しいと思います。
なにせ落とされた爆弾こっち10万トンあっち70万トンの半端なかったんで。
液冷の場合あのクランクシャフトの研磨に20時間以上かかるじゃないですか。
そうするとちょっと1200機は盛りすぎだと思うんですよね、
262も作れはしたけど鉄道網破壊で工場から前線に出せない機体結構ありましたし。
ミリタリーエフクラフトって「武勇伝盛りすぎる」とこあると思うんですよね。
私は2式鍾馗3式飛燕4式疾風の文しか持っていないんですけど。
特に三式飛燕のエンジンライセンスしてからの悪評ばっかりの方が書かれてないし。
前線に行っている基数は別として、有効に機能しない理由は「のっているの素人ばかり」「そもそもガソリンねえ」なんて末期的というか絶望的な戦局の方にあって、機体の方の性能どうのこうのではないんですけど。
搭乗員さえ一騎当千ばかりなら松山の剣のように、紫電改でも十二分に中高度の戦闘機戦なら互角以上に渡り合っていますから。
戦闘機も自動操縦じゃないから中の人間含めた性能だからってところが泣けてくるところ。
だからこれさえ間に合っていればなんて言っている人間が一番腹立ちます
大戦末期の絶望的な戦局そんな次元のレベルではないのでって。
 

Bf109K

 投稿者:ECM  投稿日:2018年 9月22日(土)07時27分37秒
返信・引用 編集済
   ミリタリーエアクラフト誌では、Bf109Kの生産数1200機となっていますが、これは本当なのでしょうか?
 1944年10月中旬に配備開始され、Bf109G-10より早く配備されていることになります。
 ドイツ敗戦時にBf109Kは21飛行中隊で使用されていました。
 そのうち全機K-4で構成されているのは4個中隊で、他はG-14やG-10型とを主としていたと思われます。
 1200機という数字はともかく、これまで一般に知られているより規模が大きいです。

http://ecmp.web.fc2.com

 

トップ絵変更

 投稿者:ECM  投稿日:2018年 9月 1日(土)11時01分16秒
返信・引用
   トップ絵を流用ですが、景雲に変更しました。
 双子エンジンはだめですよねぇ。戦わずして自分から火がでたらどうしようもないという。

http://ecmp.web.fc2.com

 

レンタル掲示板
/195