teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:  投稿日:2006年 1月24日(火)20時34分8秒
  ID  A91016200001 (ronbun)
著者  三枝 茂人
題名  中國現代文學館について
雑誌  名古屋外國語大學紀要 3号
発行年  1990
頁  12-26
分類  文學 / 現代文藝 / 通論 (107100)

ID  A88010800015 (ronbun)
著者  村田 忠禧
題名  日本における中國現代史硏究の問題
雑誌  季刋中國硏究 9号
発行年  1988
頁  111-119
分類  政治 / 政治 (51000)

ID  A90103100009 (ronbun)
著者  西村 成雄
題名  現代中國社會認識と中國現代史像
雑誌  近きに在りて 17号
発行年  1990
頁  100-104
分類  政治 / 政治 (51000)

ID  A84261200003 (ronbun)
著者  邵伯周; 古谷 久美子, 中島 利 譯
題名  中國現代の進步的文化の先驅者
副題  茅盾の「五四」新文化運動中における歷史的位置と役割について
雑誌  咿啞 18.19号
発行年  1984
頁  9-20
分類  文學 / 現代文藝 / 作家 (107200)

ID  A81013400005 (ronbun)
著者  野町 均
題名  中國現代文學にみる年問題
雑誌  魯迅の會會報 4号
発行年  1981
頁  40-47
分類  文學 / 現代文藝 / 通論 (107100)

ID  A85098000001 (ronbun)
著者  王瑶
題名  中國現代文學と古典文學の歷史的關連
雑誌  漢學硏究(日本大學) 22.23号
発行年  1985
頁  1-14
分類  文學 / 通論 (101000)

ID  A85052200002 (ronbun)
著者  中國現代史資料硏究會
題名  中國現代史硏究資料・文獻紹介(8)
副題  解放後の主要な育雜誌
雑誌  中國硏究月報 445号
発行年  1985
頁  19-20
分類  政治 / 政治 (51000)

ID  A99015000001 (ron2000)
著者  黃修己; 萩野 脩二 譯
題名  中國現代文學の全體像を求めて
雑誌  關西大學文學論集 48巻 4号
発行年  1999
頁  1-19
分類  文學 / 現代文藝 / 通論 (107100)

ID  B88031000000 (tosyo)
著者  芝田 稔, 鳥井 克之 譯
題名  中國現代史
副題  革命と建設の基本問題
出版社  關西大學東西學術硏究所 (吹田)
発行年  1987
頁  496,23
分類  政治 / 政治 (51000)

ID  B90008900000 (tosyo)
著者  阿部 幸夫, 松井 博光 編
題名  中國現代文學硏究の深化と現狀
出版社  東方書店
発行年  1988
頁  258
分類  文學 / 現代文藝 / 通論 (107100)
 
 

 投稿者:  投稿日:2006年 1月19日(木)18時13分16秒
   

演劇の完成期と昆劇

 投稿者:  投稿日:2006年 1月12日(木)05時17分22秒
   後期は、演劇の成熟・発展期からを習ったので、演劇の完成期と昆劇について取り上げたい。

 演劇の完成期は、清~現代(17世紀~20世紀)である。この時期には、中国全国で500種類にも達する地方劇が誕生した。
 地域別に見ていくと、中央の崑曲は、一流の文人が戯曲作品を制作したものである。作品は、玄宗と楊貴妃のロマンスを描いた物語『長生殿』や、明朝滅亡前後の大河ドラマ『桃花扇』が有名である。
 地方では、面白い芝居が「地方劇」として発展した。主要作品は、妻子を裏切った男の破局を描いた物語『秦香蓮』、崑曲系では悪役だった白蛇が正義のヒロインとなっている『白蛇伝』などである。

 この講義の最初に習ったことであるが、中国戯曲は、"唄(歌)""念(セリフ)""做(しぐさ)""打(立回り)"の四つの主要な要素からなる伝統舞台芸術である。その中でも崑劇は現在舞台上で見ることの出来るもっとも古い舞台芸術である。
 その成り立ちには、「昆腔」から「昆劇」への流れがある。
 「昆腔」は昆山腔とも言い、中国、元の時代の末、明の時代の初めごろ、江蘇省昆山地方で生まれた南曲の節回しの一つの流派である。
 「昆曲」は、その後、明の嘉靖年間に、戯曲音楽家の魏良輔がこの昆山腔の節回しの基礎に南北の曲の粋を取り入れて創立した、柔らかで繊細な「水磨調」という昆腔声楽体系で、歌のみである。
 「昆劇」は、明の隆慶年間の末期、昆山出身の戯曲家梁辰魚によって書かれた昆山腔で歌う伝奇脚本『浣紗記』の公演によって誕生した。

 昆劇が最も輝いた時期は、明の万暦年間から清の嘉慶年間まで(16世紀末~17世紀初)である。始めに江南地方で広がり、更に、江南地方の文人階層が上京することによって北京に伝わり、それから全国的に広がりを見せた。有名な戯曲家湯顕祖の『臨川四夢』、洪昇の『長生殿』、孔尚任の『桃花扇』の公演によって、昆劇は全盛期に押し進められたのである。
 その後、昆劇は約100年間にわたって王座を占め、格調の高い芝居として尊重された。同時に、他の地方劇の形成にも大きな影響を与えたため、「戯曲之祖」「母劇」などの尊称がある。
 

桃花扇

 投稿者:  投稿日:2006年 1月12日(木)03時55分16秒
  中国戯曲は"唄(歌)""念(セリフ)""做(しぐさ)""打(立回り)"の四つの主要な要素からなる伝統舞台芸術ですが、その中でも崑劇は現在舞台上で見ることの出来るもっとも古い舞台芸術になります。
作品に挿入されている詩歌が筋の展開を深め、豊かな味わいになっている。

演劇の完成期:清~現代(17世紀~20世紀)
全国で500種類にも達する地方劇が誕生しました。
中央:崑曲は、一流の文人が戯曲作品を制作
『長生殿』 玄宗と楊貴妃のロマンスを描いた物語。
『桃花扇』 明朝滅亡前後の大河ドラマ。
地方:面白い芝居が「地方劇」として発展
『秦香蓮』 妻子を裏切った男の破局を描いた物語。
『白蛇伝』 崑曲系では悪役だった白蛇が、正義のヒロインとなっています。
京劇の成立
18世紀以降北京で各地方劇が融合し、京劇が成立しました。現在まで、中国を代表する伝統演劇となっています。

明末の文人と名妓の恋愛を中心に明の滅亡を描いた史劇である『桃花扇伝奇』
清初の1699年(康煕38)に成った戯曲。作者は孔尚任(1648~1718),山東曲阜の人,孔子64世の孫。崑曲がすでに衰退に向かいつつあるなかで,中国古典戯曲の掉尾を飾ったのが洪昇の長生殿とこの桃花扇である。崑曲,広くいって南戯は形式的に自由化され,さらに作者が士大夫となっていったことから,長編で波瀾万丈の筋,内容は才子佳人の悲歓離合,見て聞くための虚構というよりは史伝的読み物“伝奇”となるのだが,桃花扇ももとよりこれらの特徴を帯びている。すなわち,“実事実人”の長編史劇であり,明朝の滅亡を背景に名家の子弟,文人結社の名士侯方域と南京秦淮の名妓李香君の悲歓離合を描いているのである。ただし,南戯はとかく作品の緊張を欠き,主題を見失ったり,荒唐無稽に陥ったりして堕落していったのであるが,桃花扇はよく史実と2人の悲恋を一貫した筋運びのなかに織り込み,曲終わってなお悲哀を漂わせる傑作となっている。

以降、戯曲の制作は質量ともに衰退。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2005年12月29日(木)17時29分36秒
編集済
  某CDを聞いていて感じたことですが…。
合唱の演奏の印象を左右するのは、

1.単に誰かの音色(声)が浮き上がって聞こえてくる場合
2.音楽の流し方が誰に影響されているか(誰の歌い方か)がわかる場合

本来どちらも良くないけれども、
1は
2はパートにおいて最も信頼されている人のものであるべきである。
パートリーダーもしくは幹事学年がそうあるべきというのが先に立つわけです。


4年間歌ってきて、合唱って難しいなぁ…と思わずにはいられません。
室内はいい演奏をできるようになってきたと思う反面、歌い方の雑さが気になります。

感動的な盛り上がりもあるんだけど、それ以上に、聞き苦しい。

これは学生側の練習姿勢と意識によって改善できるはずの問題です。それだけに、「聞き捨て」ならない

例えば、まっすぐ終止の和声を決めようという時に、声や音が揺れていては、目的の通りにはなりません。
また、滑らかな長い響きのフレーズ感を表出しようとする時に、その目的は妨害されてしまうことが多い。
それは、パートの中で、硬い地声のような声を出す、高音を叫ぶ、上がりきれない、音の変わり目にアタックがついている…という発声が在るからです。それも、はっきり浮いて聞こえる場合があります。それでいて、もし改善しようとしないのであれば、演奏の成長はありえないのではないでしょうか。

一人では作れない、皆で作る「音楽」という意味でも、
50周年へのカウントダウンも始まったわけですし[[pict:symbol3]]
 

顔文字

 投稿者:  投稿日:2005年12月11日(日)11時44分54秒
編集済
  ▼・ω・▼ ミ^・.・^彡 ⊂゜U┬────┬~  

仕事例

 投稿者:  投稿日:2005年11月14日(月)18時41分32秒
  ①受付・接客 ②電話対応 ③パソコン ④書類整理 ⑤期日の連絡 ⑥領収書等の作成 ⑦裁判所、その他役所廻り ⑧事件の調査 ⑨銀行廻り ⑩その他  

図書

 投稿者:  投稿日:2005年11月14日(月)11時55分21秒
  書名 源氏物語  ゲンジ モノガタリ  ダイジェスト版  ダイジェストバン
著者事項 [紫式部/原著]  ムラサキ シキブ
竹本哲子/現代語訳  タケモト,テツコ
出版事項 東洋堂企画出版社  1986.11
形態事項 205p  18cm
分類事項 913.365
ISBN 4-924706-31-0



--------------------------------------------------------------------------------
【 所 蔵 】  1冊 1/1ページ  | 前のページ | 後のページ
所蔵館 形態 排架区分 資料状況 資料バーコード 請求記号 備考
中央 図書 書庫1階 在架 101788735 91
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2005年11月 6日(日)13時53分3秒
  *ご招待券郵送(先生の関係の方へ)
1.チケット用意【会計】
2.ビラ用意【渉外】
3.挨拶文
4.郵送

*客演連絡
1.詳細案内(強化合宿、ソロ・音合わせ、ゲネ、本番について)発行【外政・学指揮】
2.交通・駐車場案内(同上)発行【外政】
3.謝礼納入方法案内発行【会計】
4.客演プロフィールについて【広報】
5.郵送①(14日参加/プロフまだの方8人)【学指揮】
6.郵送②(音合わせ~参加の方9人)【学指揮】
7.ジュリアンさんに手渡し

*ゲネ・当日の客演対応
1.控室配分の確定(客演男女比=8:10+先生)【】
2.レセプション会場へのご案内対策【】
3.譜面台・ベニヤ板等必要なものの準備【】
4.楽器搬送トラックを必要に応じて手配【】
5.ゲネ:いらっしゃった時の挨拶(代表者としての)・ご案内【】
6.ゲネ:お手洗い等の場所案内【】
7.ゲネ:楽器保管についての確認【】
8.ゲネ:Cbなどベニヤ板使用について確認【】
9.ゲネ:レセプション参加と楽器搬送についての確認【】
10.当日:いらっしゃった時の挨拶(代表者としての)・ご案内【】
11.当日:控室等のご案内【】
12.当日:謝礼振込について一言ご確認(念には念を)【】
13.当日:レセプション会場へのご案内【】
14.当日:カテドラル退出チェック・ご挨拶【櫻田さん】
15.当日:↑の際の楽器搬送【】

※外政が全て把握しておき、
やり切れない部分(必ずある)については、
頼む相手に何をどのようにすればいいか
予め責任を持って外政からきちんと伝えておく。
 

美食家1

 投稿者:  投稿日:2005年 9月26日(月)00時28分27秒
  「自分は時勢に流されたり、変心したりしない・・・だが、時の流れと暮らしの変化を感じ取れなかったのか」  

レンタル掲示板
/8